douze bocaux       
Voyage accueil  douzebocaux  information  magasin  lien




Uzes ーユゼスー


アヴィニヨンからバスにて1時間程。
南仏の自然の中にあるユゼスは、
ルネサンス様式の建物が多く残る町で、
フランスの中でも美しい町と言われています。


ユゼスは、17〜18世紀には織物業が発展し、栄えていった町だそうです。
 町のところどころに素敵な場所があり、映画のロケなどにも使われるほどです。
そんなユゼスの町を一緒に散策しましょう!!

バスを降り立ち、プラタナスの大通りを歩いていくと、
町の入り口、オーゼルブ広場があります。
中央には噴水があり、廻りにはカフェが立ち並び、
町の憩いの場となっております。

土曜日には広場にてマルシェが立つそうです。
ユゼスはトリュフの産地でもあり、冬はトリュフ市がでるそうです!
又、町の目抜き通りには、素敵な店が連なり、地元の人や観光客で賑わっています。


そして、ユゼスはフランス最大の公爵領として栄えた、町の名前にもなっているユゼス家のお城があります。
町の中心に位置するお城は、一際目立ちます。


塔の上に登ることができると言うので、
登ってみましたが!!
かなり急な階段の上に、狭くて・・・
人とすれ違うことができるのか?!
と不安でしたが、
私一人だけだったので、大丈夫でした。

上からの眺めは思っていたよりも
すばらしく、一人で感動。
ユゼスの町は美しかったです・・。

]

もう一つの観光名所は、
町の端にあるフネストレル塔。
この塔は戦争にも奇跡的に免れ、
12世紀に建てられたままの姿で、
ユゼスの町を見守ってきました。

イタリアのロンバルディア様式
(ちょっと言いにくい・・)
という同筒型の建物で、
遠くで見ても近くで見ても
美しかったです。

その隣には、サン・テオドリ大聖堂があります。
入り口の彫刻の方が、ガッツポーズをとっているように見えてしまいましたが・・(笑)
中は静寂の漂う素敵な大聖堂でした。


では、引き続き町の中へ。

町は、小さな道も舗装され、
隅から隅まで気が配られています。
町の標識も、家のディテールも
上品な雰囲気の漂う町並みです。

朝一番に散歩をした時に、
噴水の音と、小鳥のさえずりがして
とてもゆったりした気分になりました。
こんなところに住みたい・・・。


Uzes2へ

◆ ご意見ご感想はこちらからどうぞ ◆

accueil   douzebocaux   information   magasin   promenade   lien       
copyright © 2004 douzebocaux  All  rights reserved